あんしん通販マートの公式ホームページのご案内【個人輸入代行サイト】

バイアグラは世界中で人気があります

バイアグラは世界中で人気があります

世界中の多くの男性がもっと性生活をエンジョイしたいと考えています。自分も気持ちよくなり、女性も気持ちよくさせてあげることのできる人間の性欲の欲望エネルギーは膨大なのです。最近ちょっと元気がないなと考える男性でも、バイアグラを少し飲むだけで20代のころのエネルギッシュな自分を取り戻すことができます。

 

バイアグラはファイザー製薬という海外に本社のある製薬会社が開発しました。
日本にも支社がある世界有数の製薬会社です。

 

バイアグラもこの会社に監督され日本でも流通していますが、残念なことに日本国内では健康保険の適用外となっています。なので少し高額です。

 

日本の医師の間でもバイアグラに保険の適応をと訴えている医師もいます。
その訳は日本では今ものすごい勢いで勃起不全患者が増えてきています。

 

実は日本人青年男性の約3割にあたる人が予備軍も含めるとEDだというのです。EDになる原因としては、老化やストレス、生活習慣の乱れなどがあげられます。

 

老化によって血流の流れが滞りがちになったり、ストレスや生活習慣の乱れによって様々なホルモンバランスが乱れることなどが理由です。
でもバイアグラを飲むと、血流がよくなりさらに、飲むという行為がEDに立ち向かうという信号が脳に送られて精神的に男性的になり、そうなると男性ホルモンであるテストステロンが大量に分泌されED改善に向かうというのです。

 

 

海外と日本での違い

 

 

海外ではもうバイアグラを使ってEDを治していかなければという危機感を持っているので、既に保険が適応されている国が多くなっています。バイアグラ体験談などでも多くの男性が服用しているのがよくわかります。

 

日本の場合はまだEDは治す必要のない病気だという認識だということです。規制が追い付いていないのです。

 

日本の薬に関する規制は薬事法という法律が元となっています。

 

とてもきちんとした法律なのですが、日本の法律は変更や修正に時間がかかるのが常で、海外の政治のようにフットワークが軽くありません。

 

 

さらに、古い考えの人がずっと法規制の番人になっているので、これでは新しいことに対して後手後手になるのも無理はありません。EDを治すことの必要性やバイアグラの効果が海外のように認められるようになれば、日本での規制も変わることでしょう。

 


トップへ戻る